現代の奴隷と経済的自由人

奴隷

こんにちは、小川です。

今回ははじめに、少し過激ではありますが

現代の奴隷についてお話します。

「現代に奴隷がいるの?」

もしかすると、そう思われたかも

しれませんが、まずは下記の文を

読んでみて下さい。

——————————————–

奴隷は、奴隷の境遇に慣れ過ぎると、

驚いた事に自分の足を繋いでいる

鎖の自慢をお互いに始める。

どっちの鎖が光ってて

重そうで高価か、などと。

そして鎖に繋がれていない

自由人を嘲笑さえする。

だが奴隷達を繋いでいるのは実は

同じたった1本の鎖に過ぎない。

そして奴隷はどこまでも奴隷に過ぎない。

過去の奴隷は、自由人が力によって

征服され、やむなく奴隷に身を落とした。

彼らは、一部の甘やかされた

特権者を除けば、奴隷になっても

決してその精神の自由までをも

譲り渡すことはなかった。

その血族の誇り、父祖の文明の

偉大さを忘れず、あらば逃亡し、

あるいは反乱を起こして、

鍛え抜かれた肉体によって、

肥え太った主人を血祭りにあげた。

現代の奴隷は、自ら進んで奴隷の

衣服を着、首に屈辱のヒモを巻き付ける。

そして、何より驚くべきことに、

現代の奴隷は、自らが奴隷で

あることに気付いてすらいない。

それどころか彼らは、奴隷で

あることの中に自らの唯一の

誇りを見い出しさえしている。

リロイ・ジョーンズ 1968年、NYハーレムにて)

———————————————

さて、あなたはこれを読んで

どう思いましたか?

リロイ・ジョーンズの言う

「現代の奴隷」

もちろん、様々な解釈があると

思いますが、私にはサラリーマンの

こととしか思えません。

ですが、それはある意味

仕方のないことでしょう。

多くの人の身近には自分と同じような

サラリーマンしかおらず、好きなこと

だけをして思い通りの人生を生きている

「経済的自由人の存在」

さえも知らない人が多いからです。

そして、何の疑いもなく周りの人の

生き方を真似て、周りと同じように

一生を終えます。

サラリーマン奴隷から抜け出す

ためには、まずは、経済的自由人が

どのような生き方をしているかを

「知ること」が必要です。

人は知らないものにはどう

頑張ってもなれませんから。

今いる世界しか知らないと、

そこでのルールに疑問を持つ

ことさえままならないからです。

また、私自身は経済的自由人(成功者)

の世界を知ることで見えている

景色が完全に変わりました。

どんなに疲れていても、お酒が残っていても早朝に起きること

どんなに熱い夏でも着たくもないスーツを着ること

労働分配機とも思えるような満員電車に毎日乗ること

悪いことをしたわけでもないのに理不尽な相手にも謝り続ける毎日

限られた人生の時間を、毎日デスクとにらめっこをして費やすこと

好きでもない上司に媚を売る、時間とお金の浪費にしか思えない飲み会

常に仕事が気になって、週に2日の休日も心から楽しむことができないこと

以前までは、これらは全て当たり前だ

と思っていましたが、今は全くそう

思えなくなったのです。

それも、好きなことだけをして

生きていくことを常識としている

人達と普段から関わってきたからです。

日本人は我慢することを美徳と

している人が多いですが、 そこに

何か理由はあるのでしょうか。

あえてマイナスを選ぶ理由は何なのか。

もちろん、その先にそれを上回る

プラスがあるのならわかります。

しかしそうではないのに、なぜマイナスを

選ぶのかが私にはわかりません。

Mなのかと思ってしまいます。笑

もっと自分に正直に

なればいいと思います。

また、そもそも人生に当たり前など

ないということもわかりました。

なぜなら、「当たり前」とは

今いる環境によって創り出された

偏見に過ぎないからです。

今あなたの思っている「当たり前」

とは、マスコミや会社、周囲の人間に

そう思わされ、自分が勝手に決め付けて

いるだけの可能性が高いです。

結局、人生は一回きりです。

自分の理想のライフスタイルを

目指して良いのです。

もう奴隷のような人生を

生きることはやめましょう。

洗脳され、奴隷状態にならないためには、

常に今の自分の状況に対して、「なぜ?」

という疑問を持つことが大事です。

例えばあなたは、

ビジネスオーナーや経営者が働かずに

お金を得ることに対してどのような

イメージを持っていますか?

多くの人は

「働かざるもの食うべからず」

などという考えから、あまり良い

イメージを持つことが出来ないと思います。

しかし言ってしまえば、オーナーや

投資家などのお金持ちに対して、

悪いイメージを持っている人は

マスコミや親、友人などから知らぬ間に

洗脳されていると言えます。

働かずにお金を得ている人達に

対して悪いイメージを持っていると

「株、投資、独立起業」=危険

というイメージが刷り込まれます。

そしてそれに対して勉強する

気もなくなってしまうんです。

つまり、経済的自由人という

生き方を目指そうと思うことも

できなくなってしまうのです。

その結果、国や会社のために一生働く

奴隷になってしまうのです。

あなたはどんなライフスタイルを

描きたいですか?

それを忘れず、これからも

行動していきましょう。

今日はここまでにしておきます。

理想のライフスタイルを

実現する方法もこちらのセミナーで

お話しするので、お楽しみに。

25日はこちらから

https://myasp71.com/p/r/VIfMK1B0

218日はこちらから

https://myasp71.com/p/r/yRpXNn3P

それではまたメールしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です