恩を知る実力

1

どうも、こんばんはー!小川です!

ビジネスやってると、「影響力をつけたい」って話がよくあるんですが、

影響力って個人単位で言えば、感謝を集めた数なんですよね。

「こんなことを与えてくれたあなただから、あなたが言うなら信じるし困ったら全力で助けたいです」

こんな風に言ってくれる人が何百人も何千人も居たら、絶対人生違いますよね。

そうやって自分発信の恩義を感じてもらうことも大事ですが、

それよりももっと大事なのは、実は受けた恩を知ることだと思います。

当たり前として数えないことがどれだけ多いのか?

それがその人の受け取る器だと思います。

わたしはコンサルする時も、学んでくれてることに感謝を感じますし、

目に映るもの全てに感謝できる瞬間にとても喜びを感じます。

歴史を見ても、やはり負け戦を作るのは驕りや慢心です。

有り難みや物事に対しての真剣さ、誠実さに欠けてくるとやはり脇が甘くなります。

自分もこれまでの経験でそこは身を切るほどの痛みで痛感してます。

恩を感じれる人ほど、恩を感じてもらえる人になります。

そして「ありがとう」は言葉じゃなくて行動で示すべきものです。

いつもありがとさを感じられると、毎日ご機嫌でいられますよ(^^)

それでは今日はこのへんで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です