女のビジネス書は売れない

1

「男は女から学びたくないんですよ」

最近、とある出版者の方に言われた言葉。

影で言われるのは嫌いなので、

面と向かって言ってくれるのは感謝ですが、

経営者の社会は基本的に男性社会です。

ですがその前に一般社会もほとんど男性社会です。

一般企業も女性の採用を渋るところは実は多いです。

結婚、出産、育児とかで仕事を辞められたり育児休暇出さないといけないとかがあるので、

雇う側もリスクがあり女性は昇級されづらかったりします。

そして最近は共働きの夫婦も増えたと思いますが、

同じくらい働いて同じくらいの給料を家に持ち込むのに、

家事・出産・育児も女性の仕事。

体力があるのは男性の方なのに、女性の方が仕事が膨大というのはよくあることです。

そして出産の時も、これも驚くんですが大体は出産の1〜2ヶ月前まで普通に出勤してる妊婦さんが多いです。

普通の時でも相当不快なのに、大きなお腹で満員電車で通勤って危ないしこわいし相当ストレスですよね。

そこまで苦労して家庭を作っても、今日での離婚率は30%笑

女性はけっこう強く生きていかなければなりませんよ

これって女性も男性もそうですが、何にも依存せず生きていく力を養うべきです。

そう思って副業でも起業でもいいからビジネスを始めると、

そこもまた男性社会です。笑

ルールを作るのは男性、リーダーとは男性、社長とは男性。

女性が認められていくのは本当に大変です。

特に女性起業家の場合、周りも大体男性しか居ないので、

多数決の意見は普通に通らなかったり、

仕事の話にならず口説かれたり、

「誰かと寝てるんじゃないか」と疑われたり笑

もっと女の子の気持ちを大切にしなさーい!笑

と、いうことと長年わたしは闘ってきました

(あ、もちろん話聞いてもらえるかとか仕事一緒にしてもらえるかとかは多くは実力だとは思いますよ)

せっかくこれまでガレキをどかしながら道をつくって来たので、

そこでヒールでも履いて堂々と歩く女の子に後に続いてほしい。

上からも何か危険物が降ってくるなら、

女の子を守りながら自由な生活を目指すサポートをこれからも本気でしていきたい。

ということで、本気自由女子のコミュニティつくります!

企画からやっていきますので興味ある女の子歓迎^^

男性も女性も思いやりあるカッコいい生き様を残したいものですね^^

どんなに逆境でも、本が売れなくても、

自由な生活にはたどりつける!

あなたもどうせなら映画のような人生を!

By リアルファンタジー経営者 小川 真由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です