世界最大の宗教について考えました

1

こんにちは〜!

最近、地球のことについて考えたり活動させてもらう機会が増えてきた小川です^_^

世界最大の宗教、つい最近までそれは“お金”だと思ってました。

お金っていうのはお互いに価値があると信じてないと使えないし現代は資本主義の時代なので、

それが最大だと思ってましたが、

世界に蔓延しているのは「足りない教」なんじゃないかと最近は思ってます。

足りないから、持ってない物を欲しがる。

足りないから、お金が必要。

足りないから、奪い合うのも仕方ない。

パイの取り合いだと思い込む訳ですね。

奪い合いでアクションを起こす人と、逆に何も行動しない人も居ますね。

私は足りない存在だ → 多いことは正しい事だ → やっぱり足りない、だから仕方がない。諦めよう。

三段階論法で一周回って何もしないパターンですね笑

二段階目の「多いことが正しいこと」

ここに囚われてる人がマネーゲームの枠組みの中で踊らされている人になりますが、

循環のバランスの観点で言うと余っているのは不釣り合いな状態とも言えます。

溜め込みすぎるのも所有の概念が生み出す弊害ですね。

脱線したので話を戻すと、

私がお伝えしたいのは、「足ることを知る」ってことです。

今、生きてるってことは生きる為の全てを手にしている状態なのです。

その状態で本当は完璧なんですよ。

だからと言って、何もしないで居てくださいってことが言いたい訳ではありません。

今の生活が思い通りのものでないなら、それを作り出せばいいだけです。

本来であれば、地球はなんの差別もなしに必要なものを提供してくれています。

必要なものはあります。

資本主義の大量生産大量消費がなければ資源は十分にあります。

みんなが好きなことで仕事をしているなら明日からお金がなくなっても回る社会だと思いますが、

その話は長くなるのでまた別の機会にします笑

足ることを知って飢えてると思いこんでる状態から目覚めてください。

何の見返りもなしにみんなが与え合える社会が作れたら楽しそうだと思いませんか。

本来、人類の歴史の中でお金なんてなかった時代の方が長かったので、その生活を思い出すだけです。

お金がなくなっても「足りない教」が蔓延したままだと与え合う豊かな生活は実現しないので、やはりそこからですね。

資本主義のうちは難しいですが、

ゆくゆくは与え合いで成り立つようなコミュニティを作ろうと画策してます^_^

足ることを知ると人に貢献したくなったり、貢献して感動してもらうと嬉しくなったり、

すごく人生が楽しくなるので、ぜひ足りてると思い込んでそこにフォーカスしてみてください^ ^

そうすればもっと足りてる現実が作られていきますから

それでは長くなりましたので今日はこのへんで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です